2005年09月13日

友達

たった今小学校2年生で亡くなった小樽の友達の家に線香をあげさせてもらいにお邪魔させていただいた。。。仏壇には昔と変わらぬ人なつっこい彼がいた。。。
急に連絡もせずに行った失礼な俺にお父さんお母さんお婆ちゃんは快く迎えてくれた。
彼が亡くなって17年の時が流れた、何故か彼との思い出は鮮明に覚えている事が多い、17年俺にも彼にも変わらぬ時間が動いている、その証拠に俺は彼の事を覚えている。。。
言葉にするのは難しいが俺が死ぬまで彼は生き続けるのだろう。。。
【関連する記事】
posted by かめ(神山貴満) at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6884611

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。